こうえい会・職員の一言 [Vol.025]

暖かくなり、施設では春の歌が聞こえてきます。
 「は~るのおがわは~さらさらいくよ~」「さいた~さいた~ちゅーりっぷのはなが~」
 入居者さんの中に歌がとってもお上手な方がいらっしゃいます。小さな頃から歌が好きだったというその方は、歌い出すとみるみる活き活きと目が輝き、のりに乗って最高の笑顔を見せてくれます。歌った後は必ず「歌える歌があるって気持ちいいね~。ありがとう~!」と言って下さいます。
 ある日、歌の本を一緒に見ていた時のことです。メロディーの分からない歌に二人で悩んで歌詞を棒読みしていしていると、それを聞いた他の入居者の方が急に歌いだしました。
 「は~れたそら~ そ~よぐかぜ~♪」
 すると、メロディーを思い出したようでその方も一緒に歌いだしました。私もなんとなく聞き覚えがあり、大合唱が始まりました。 お互いに気を使い音階を合わせ、微笑みながら見つめ合いリズムを合わせます。「ほ~いほい!」合間には順番に合いの手をいれ、私たちは嬉しくて、可笑しくて笑いをこらえるのに必死。
 「ああ~、あこがれ~のハワイ~こうろ~!」歌い終わると自分達で拍手喝采。パチパチパチ!「わ~やったねえ!」最後まで歌い切れたことを喜び合いました。「あなた良く歌知ってるのねえ」と会話が弾みます。一瞬にして心が通じ合えた。一緒に歌い合うってこんなに楽しいんだなあ、と改めて歌の持つ力の素晴らしさに気付かされました。
 気付かされることは歌だけではありません。その方は「ありがとう」という言葉がとても多い方でもあります。「今日もご飯作ってくれてありがとう」「こうやって話させてもらうって大事なんです。ありがとう」毎日沢山のありがとうを掛けて下さいます。歌えること、食べられること、暖かく過ごせること、空が晴れていること。体にも、物にも、様々なことをありがたく想う気持ちに溢れています。
 「あなたも働けるっていいからね。体には気をつけてね」そんな言葉を掛けて頂いて、私はスーと疲れも抜けて胸が熱くなりました。ありがたいと想う時、心が温かくなり幸せを感じることが出来ます。毎日、色々な話を聞かせて頂き、学び、沢山の笑顔を見せて頂いて共に楽しく時を過ごすことが出来る。本当にあり難い事です。日々、沢山の幸せに囲まれていることに気付かされます。これからも感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。

こうえい会・職員の一言~関連記事

  1. photo旭川グループホームこうえい会

    こうえい会・職員の一言 [Vol.036]

  2. photo旭川グループホームこうえい会

    こうえい会・職員の一言 [Vol.027]

  3. photo旭川グループホームこうえい会

    こうえい会・職員の一言 [Vol.041]

  4. photo旭川グループホームこうえい会

    こうえい会・職員の一言 [Vol.053]

  5. photo旭川グループホームこうえい会

    こうえい会・職員の一言 [Vol.040]

  6. photo旭川グループホームこうえい会

    こうえい会・職員の一言 [Vol.026]